名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

院長ブログ(2016年10月)

院長のブログです。今後順次追加してゆきます。

痛みはあくまでも患者さんの主観ですね

主観なので良くなったならないの
evidenceを何に求めるかということで
取り沙汰されます。

どうでしょうか
提案として痛むはずのない状態というものを
明確にした上で何が逸脱しているか考えるというのも
いいかもしれませんね

要するに痛むはずのない正常な状態を明確化して
逸脱した要因を無くしていく作業です。

痛むとおぼしき部位を追いかけるより
主観に左右されないのでいいと思いますが
いかがでしょうか

私は随分前からこのように考えています。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症

続き

大腰筋と椎体の間の腰動脈の血流が姿勢から発する
機械的刺激によって血流低下しそれが慢性的に続いたら

腰は血流低下しますね
筋緊張高くなるし交感神経の活動が活発になり
末梢循環は悪くなります。

それが慢性的に続いたら腰も痛くなるでしょう。
意欲的に動かしてってことがし難い
関節の動きの少ない所なんですから難しいです。
ただただ血流を上げなければなりませんが

腰を反らせて腰動脈が疎外され
背中丸めて上下の後鋸筋で起立筋を圧迫血流疎外させて

腰にだけ鍼打って治るんですか?
腰だけ打ってもこの状態なんら変わりません。

痛みの原因に当たる当たらない以前の問題です。

治る素地がない

これに尽きるんですよ

次は骨盤の傾斜が何で起きるか書きます。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症

腰って可動域は?

椎間関節がたわむだけで大した動きはないです。
コルセットで固定しても歩くことはできます。

お辞儀して動いているのは股関節です。

腰は動かずにあれだけの大きさと力出します。

反らせて緊張すれば腹腔側の大腰筋は伸長を強化されます。
問題は大腰筋と椎体の間を腰動脈が前方から後方に向かってスキマを通ることでここの部分の動きの無さは構造、生理的なものですので余程注意しないと一生腰痛なしは難しいのでは?と思います。

続きます

%e5%a4%a7%e8%85%b0%e7%ad%8b
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症

腰痛以前に腰の緊張と書きました。

腰痛=大腰筋

この図式は長年言われて来ました。
腰が緊張して反り腰になると大腰筋が牽引されよろしくない
足を開いて座ればなおさら牽引されてよろしくない
こんなところだと思います。

整理すると

腰を反らせたことによる結果
腰を反らせなければならない原因

この2つに集約されると思います。

これ書いて行きます。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症

先日上腕三頭筋の触察について書きました。

私が一番問題だと思うのは「内側頭」です。
ROMを悪化させる要因として余り言われませんが
1、最深部で
2、付着部位が骨に沿って長大な部位
3、筋腹が短く太い場合
悪化しやすい条件として挙げておきます。

このように考えると可動域を制限する要因が見えてきます。
本来であれば別の筋肉として存在してもいいのに
癒合するように一つになっている筋も身体の中にはあります。
その証拠に単一支配ではなく二重支配になっている筋もあります。
これは解釈で色々なのでこれ以上はツッコミませんが必要があって一つの塊になっていると考えられます。

で、上腕三頭筋ですが起始は三様ですが停止は肘頭と覚えるから
覚えにくいのです。
分解して深部から浅層に向かって覚えると理解が深まると思います。肘頭の停止部は二層です外側頭の下に内側頭の停止部があり
着き方は違います。その違いは撓側で肘筋との間のファシアの問題
尺側で尺骨神経の手前まで骨面に沿って触察するとよくわかります。

また外側頭に着く長頭も着き方を考えれば刺鍼方向の考え方も変わるでしょう。

三頭筋の触察は私が教える場合尺骨を擦上して肘頭を確認し順番に行っていきます。
ただし最初は解剖図、3Dソフト見ながらでいいのですが
最終的には目を瞑って行ってもらいます。

幾ら見ても皮膚しか見えないです。
指先で見ながら問題を洗い出していく作業が触って診察という
触察になります。

自分で心の中で順番に触りながら問題あるか無いかチェックと唱えてみると問題をロストすることが減るはずです。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症