名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

NUD(機能性胃腸症)考 - 院長ブログ

NUD考

いきなりですが毒を吐かせて頂きます。
腹がおかしい時に何でもかんでも「胃が悪い」
と言うのはやめましょう。
機能障害であって器質障害ではないのです。
では吐き気痛みなどの症状は何処からか
今の所発症原因や愁訴の部位は明らかではないとされています。
ということは対応が限定的にならざるを得ないと言うことになります。

ミゾオチの不快感ですが一言で言えばミゾオチの筋(fascia)が原因だと考えています。

通常表層から

外腹斜筋
内腹斜筋
腹直筋
腹横筋

なんですが昨今心療内科等で患者指導として骨盤立てて
座ってくださいというのがあります。
私がそれに加えてfasciaの連鎖ということを重視し
大胸筋(特に腹部繊維)を加えたいと思います。

大事なことはなんでミゾオチの腹の筋肉にどんな負担を掛けるのか?
だと思います。

治療だけのことを言えばミゾオチの部分の治療(横刺で寸6ないし2寸の3番程度)を行えば症状に対しては改善はしますが
発症の原因にアプローチしていないのでまた条件が整えば
症状は出ます。

これだと「生まれつき胃が悪い」と思い込むようになる。
ですので治療結果から罹患部位と思われるミゾオチだけでは
ダメなのです。

続きます。