名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

「蹴り出し動作」考察 - 院長ブログ

「蹴り出し動作」考察

膝が痛いという場合によく内側それも
鵞足をよく治療することがあると思います。
そのうえで鵞足のみ治療してなんで良くならないのか
考えたことがあるでしょうか?

股関節外旋位で膝関節伸展不良の場合に
状況は例えば内側半月板へのストレスもあるかもしれませんが
それ以前に運動時どの状況で痛むのか?
大切なのはここだと思います。

表題を蹴り出し動作にしました。
立位で片足蹴り出した場合に膝関節が伸展出来ずにブレーキが掛かることがあります。
膝の状況が悪ければ悪いだけ起きます。
これ治療者も患者さんも自覚できる非常に大切な
評価になります。

ブレーキが掛かる時のプロトコルは
脱力して膝を勢い着けて蹴り出して膝を伸ばしてもらう→
ブレーキが掛かる様に伸展できない→大腿後面の屈筋が伸びないのではなく
大腿前面の伸筋が短縮できないから屈筋が伸展の制限を掛けています。
ここが最も大切なところで
屈筋を幾ら治療しても膝は伸展しません。
伸展出来るようにしてあげなければ無理です。

では伸筋側のなにがいけないか
理由と対処法(治療)は講習会でお話します。