名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

今月は膝ですが - 院長ブログ

今月は膝ですが当院独自の基準として達成度を治療の流れの中で
動作毎にチェックし患者さんとその情報を共有するようにしています。
要するに出来ているか評価するのを治療と並列で行っていきます。

うつ伏せで膝伸展の治療したらどれだけ出来ているか
その場の流れでチェックします。
例えば股関節外転で足首から先をベッドから出してもらい

パテラの当たり具合、痛みは出ないか?外旋で逃避しないか?
半腱半膜様筋の緊張がどれくらいか?脱力が得られているか?
脱力によって得られるであろう大腿の幅の変化

これらを治療の流れの中で診ていきます。
上記三つを完全に達成するのは実はかなり困難であることは
臨床している先生方ならわかるとおもいます。

今週末と月末の講習会ではこれを参加した先生方に出来るまで教えます。
鍼も打ち方にコツがありますので手を添えて感覚を覚えていただきます。

片足地治療して踵を揃えた立位でパテラが奥に凹んだように伸展が達成されることや
蹴り出し動作で四頭筋にブレーキが掛からない事
これ後で書きますがすごく大事です。

膝が苦手をいう方はぜひご参加ください。
HPに膝治療得意と載せられるくらいのことはします。