名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

内圧が上がること - 院長ブログ

内圧が上がること

後から講習会で話すことのさわりを忘れないように書いています。

内圧が上がるということは意外に重要だと思います。
下腿がすぐに硬くなる。
当たり前です。
そういう構造ですから
皮下のファシアはグルっと包むように存在しますが脛骨粗面でその癒着を強くしています。

脛骨粗面上リリースと足首の動きを出すなら腓腹筋の先にあるアキレス腱、その前方の伸筋支帯の
リリースは構造上避けられません。

だからエコーで見るとそれらの部分に癒着があり
リリースの必要性が出てくるのです。

私はそれを最短で行う準備があり講習会ではそれを教えています。
素手の限界があれば道具使います。その道具も鍼で無理なら他の道具も使いますし無ければ作ります。
作るからには特許も取りますしお伝えしたいとも思います。

今後医療経済学的に大きな変化が起こりますがその準備です。
早く確実に結果出せないと食べられません。
猶予は四、五年です。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症