名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

白内障 - スタッフブログ

こんにちは、しおがま鍼灸治療室の井上です。

 

9月27日(火)から10月6日(木)までお休みをいただき、院長、スタッフをはじめ
患者さまにはご迷惑をおかけいたしました。m(‗ ‗)m

何をしていたかというと、白内障の手術を受けました。

 

普段、遠近両用コンタクトレンズを使用していましたが、勤務が終わって帰る頃になると
どうも見え難くなっていました。

そこで、メガネを新調しようと思って作りに行くと、「左眼が矯正できません!」と言われたので
眼科を受診したら「白内障です」と診断されました。(ショック!)

 

 

下の写真は、検査の結果です。

3つある内の下は普通の人の見え方で、上の2つが私の見え方です。

ナント、左眼はある条件下では殆ど見えていない状態でした。

img_0893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白内障の説明と手術の簡単な説明です。※手術を受けた松浦眼科のHPから転載です。

右は人工レンズのイラストと写真です。

レンズはマルチポイント(多焦点)で、同心円で遠近のレンズが交互に入っています。

img_0909img_0907img_0908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片目にレンズが入った状態の見え方です。
それまで普通に見えていたと思っていただけだったんですね。(^^;)

54fb748d-8be6-4c6b-ab5d-7d277d26a5c5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的には、すべてが明るくて、今まで昼光色の電球の下にいたのが、白色電球の下にいるような感じです。
視力も遠近両方とも良好で、快適です。

同年代の方々が興味津々だったので、報告させていただきました!

注)単焦点レンズは保険治療できますが、『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』は保険適用外です。
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症