名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

例えば蝶番関節を考える場合患者さんが 伸びない~と訴えたらどうしましょう? - 院長ブログ

例えば蝶番関節を考える場合患者さんが
伸びない~と訴えたらどうしましょう?

多くの方は屈筋が伸長できるように治療頑張ると思うんです。

ただこれ厳しい言い方すれば大抵無駄です。

伸張できない理由が伸筋側の短縮制限にある場合が
殆どですので何時まで経っても関節は伸展しません。

ここのところ意識するだけで治療は随分変わります。
伸展出来ると患部から連なる他の関節、姿勢に
大きく影響します。

ここのところセルフ運動でもある程度は何とかなります。
なりますが大抵の患者さんは教えてもしません。

治療というのはクリニックや鍼灸院行くのは
「自分ですべき健康の維持」がセルフで出来ないから
出来ない部分を「外注」していると言っていい
それなりのセルフな運動でも可能ですが
※してこなかった
※悪化する生活習慣があった
こんなことが積み重なって今があります。

治療は少なくともその運動が出来るようにすることと
動けたら背中を押してやる気にさせることが必要です。

動機付けにビフォアアフターの写真見せるのもいいのですが
それ以前に患者さんやる気ありません。
楽して同じようにじっとして何かしてもらえば健康が手に入る
そう思っています。
自分から自分で守るべき健康の境界線を医療機関に丸投げしている。
やる気ない人ほど運動したらいいですか?と訊きますが
決してやりません。

何かするのではなく先ず止めてもらうことの方が先です。
どこの治療本に悪化要因の排除とその指導を明確に書いてますか?
見たことございません。
悪化の要因排除をしなくて鍼打てば治るとか○○薬飲めば治るとか
無理ですから
治療成績というものには悪化の排除が出来たかどうかもぜひ入れてもらいたいですね

血圧が高い患者さんがいたら大抵降圧剤のんでます。
医者もこれ飲んでおけだけじゃなく「歩いて下さい」とか
「運動してください」は言ってるはずです。
普通は運動して下げてほしい血圧を運動なんぞしないので
ドンドン薬も増えて強くなります。
降圧剤の弊害が取りざたされますが一番の弊害は「歩かない事」なんです。
鍼灸院の仕事というのは歩けないものを歩けるように治療すること
血圧下げる鍼治療はそれが出来てなんぼです。
それが出来なきゃ頚長筋刺鍼しても仕方ないんです。
一時的なパフォーマンスに毛が生えた程度ですね

鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症