名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

骨盤後傾と前傾 - 院長ブログ

骨盤後傾と前傾 
正確には「前傾⇔後傾」だと思います。
結果として最終的に繰り返せずに後傾になりがちです。
少なくとも他人が見てなきゃそういうものです。

二つの側面があります

※腰部を伸長させたい
→結果として下後鋸筋に起立筋を押し付ける形になります。
ここを問題にしないのは最もアプローチしなければならない
12肋の下端の処理が困難だからですね
下手にやると揉んで折れるか鍼で気胸です。
ここだけでなく9~12についているので全ての肋骨下端を
処理するとよくわかるとおもいます。
ただ長時間だらっと座るとしんどいので今度はお腹突き出して
腰を反らせます。
※大腿の前面が短縮できない
大腿の前面が短縮できないと長時間お腹突き出した腰を反らせた姿勢は辛くなります。脱力できないままやっても続きません。
大腿の前面が短縮できないと股関節を外旋した足を開いた姿勢になります。

※足開いたまま
腰を反らせた姿勢が限界⇔踏ん反り返る
→臀部が辛いと足を組んで臀部伸張肢位の左右繰り返し

この繰り返しで踏ん反り返ると梨状筋を座面から上に向かって押し付けるので上殿動脈の血流が低下し小殿筋と中殿筋の間の血流が低下していきます。
いずれも習慣的に慢性的な状態、病態なので一日やったから悪くなる話でもありません。
歩いてリカバリもするわけですが最近はその機会は非常に減っています。
梨状筋の下だけじゃなくて上を診て上に負担の掛かる姿勢を考えると解りやすいです。前に絵着きで書きましたのでご覧下さい
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症