名古屋市天白区塩釜口 トリガーポイント療法,筋膜リリース,MYORUB®

 しおがま鍼灸治療室

「いいね」皆さまありがとうございます。 - 院長ブログ

「いいね」皆さまありがとうございます。

来週今回の復習と肩関節周囲1をやります。

学生時代に黒岩先生から前腕の筋を一本一本触察していく方法を教わって以来ですが
皆さまよろしくお願い申し上げます。

外部からの講習希望も受け入れていますので興味ある方はいらしてください。
毎週火曜日の八時過ぎ診療終了後に行います。

 

今回のチャートを書いておきます。

ポジションは腹臥位で肘関節伸展位、掌は正面位で前腕を回内させないで寝てもらいます。

肘関節軽度屈曲位にある方は円背傾向にありこの姿勢が取れないので
肩の下に枕など入れてあげることで安定化させておきます。

これは実際の臨床も同じように致しますしやらないと脱力できません。

腹臥位→ 腕を身体に沿わせて正面位→ 肩に枕入れて安定→

尺骨を前腕から拇指示指で挟んで擦上していき肘頭を確認→
ここで上腕三頭筋外側頭(以後外側頭)の腱部を確認→
腱を拇指示指で軽く挟んで擦上させて内側で引っかかるまで動かす。→
引っ掛かりが外側頭に長頭が付くところの下部になる。→
そこから更に上に向かい外側頭と長頭の分かれ目を触察し触った感じの変化を確認し
受け手の感覚の違いについて自分の指と受け手の感覚をシンクロさせるまで行う→
外側頭を大きく内側にズラして上腕骨を触察し内側頭を確認する。→
ここで内側頭のバルクを確認すると同時に外側頭と長頭との筋膜間の滑走不良の確認
内側頭の肘頭停止部の位置と外側頭の位置の違いを触察し更に内側の尺骨神経の位置を確認する。→
肘関節を包むように持ち上げて軽度屈曲させて肘頭停止部への触察を行い
リリースがどれだけ深部まで可能か肘関節包に向かって指を進める。

 

目的は三頭筋の短縮が得られなければ二頭筋の脱力が得られず肩峰は前方に位置を変化させるので所謂巻き肩が固定されます。
結局円背で頚部の前湾が強化され続けるので自律神経症状にも多大な影響が出ます。

 

1時間半程度の講習になりますのでどうぞ気軽にご参加ください
費用は3000円です
鍼治療、新トリガーポイント鍼治療、自律神経失調症、喘息、スポーツ障害、MYORUBR、ミオラブ、美容、美顔、肩凝り、腰痛、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、花粉症